TOP > 製品情報 > 臨床検査薬 > 免疫血清検査試薬 > 子宮頸部疾患関連試薬 > 子宮頸部疾患 補助診断薬

子宮頸部疾患 補助診断薬

子宮悪性腺腫は子宮頸部癌の内頸型に分類され、転移能を有した場合は予後不良である一方、早期発見や手術前に診断を確定させることが困難な腫瘍です。この腫瘍の発生機序は腫瘍が産生するムチンの性状から、病理学的には子宮頸管腺細胞の胃型細胞への化生変化と考えられています。

シカHIK胃型ムチン

概要

胃型の形質を有する子宮頸部疾患の補助診断薬

特長

●液体試料中の胃型ムチンの検出が可能です。
●感度・特異性に優れています。
●特別な器具・装置を必要とせず、簡便・迅速に試験が行えます。

操作方法

本試験
r_hik_honsiken.png
確認試験
r_hik_kakunin.png
判定
確認試験の観察結果判定
試薬1試薬2
凝集(-) 凝集(+) 本試験の凝集は特異的反応
凝集(+) 凝集(+) 本試験の凝集は非特異的反応
凝集(-) 凝集(-) 保留 再試験
凝集(+) 凝集(-)

製品一覧

商品名容量(構成品)テスト数コード
シカHIK胃型ムチン HIK1083 ラテックス
希釈液
ラテックス凝集用反応板
12回 77857
HIK胃型ムチン確認試薬 12回 77922
胃型ムチン陽性コントロール 1.0 mL用×1本 77818
ラテックス凝集用反応板 3サークル×50枚 77820


臨床検査薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1091