TOP > 製品情報 > ライフサイエンス > 細胞培養 > 細胞培養用足場材 > ad-MED ビトリゲル®

ad-MED ビトリゲル®

組織再構築に有用なコラーゲンビトリゲル®膜を使用した細胞培養用インサートです

s_admed_header.jpg
「ビトリゲル®」は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構による登録商標です。
ad-MED ビトリゲル® は、「農林水産省 アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト (ビトリゲル)」の支援を受けて、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構と共同で開発されました。

特長

生体結合組織に匹敵する高密度コラーゲン線維構造
s_vitrigel_kouzou.png

図:ad-MEDビトリゲル®の電子顕微鏡撮影象 (左) と走査型プローブ顕微鏡撮影象 (右)

コラーゲンに特有な縞構造を持つコラーゲン線維が高密度に折り重なっています。

生体内の環境を模した条件での培養が可能
s_vitrigel_baiyourei.png

ad-MED ビトリゲル® は、液相ー液相培養以外にも液相ー気相培養など生体内の環境を模した条件での培養が可能です。また、ビトリゲル® 膜は物質透過性にも優れているため、異種細胞の共培養による相互作用解析にも有用です。

●両面培養
オプションリング (製品番号:08369-96) を装着すると、2種類の異なる細胞をad-MED ビトリゲル®膜の両面に培養することができます。このリングはピンセット操作で脱着できます。

s_vitrigel_optionring.png
生体に類似した三次元組織モデルの再構築が可能
s_vitrigel_kakumakumodel.png

図:ad-MEDビトリゲル®上で再構築したヒト角膜上皮モデル (細胞:HCE-T)

ヒト角膜に類似した5 ~6層の角膜上皮層が形成されます。

高い透明性、低自家蛍光で観察しやすい
s_vitrigel_toumeisei.png
培養液交換が容易な機能的デザイン
s_vitrigel_design.png

ad-MED ビトリゲル® にはピペット止め構造があるため、ピペットの先端が膜や細胞に直接触れず、細胞の剥離を最小限に培養液を交換できます。

高い細胞接着性
s_vitrigel_secchakusei.png

培養実績
A549、Caco-2、MDCK、HCE-T、HeLa、HepG2、HUVEC、NHEK、NIH3T3、PC12、THP-1、Vero など

使用方法

s_admed_img02.jpg

①プレートのウェルに吊り下げる
②細胞および培養液をチャンバー内に注ぐ。(プレートのウェルに培養液を注ぐ)
③CO2インキュベーター内で培養する。適宜培養液を交換する。
④光学顕微鏡で細胞の形態を観察する。

製品比較

12穴プレート対応ハンギングタイプ
仕様関東化学A社B社
外最大直径(mm) 16.30 15 17.5
内最大直径(mm) 11.15 12 10.5
高さ(mm) 15.75 16 17.2
膜面積(cm2 1.0 1.13 0.9
標準的な培養液液量(mL) 0.2~1.0 0.2~0.8 0.4~1.0
ハウジング材質 ポリスチレン ポリスチレン ポリスチレン
膜材質 コラーゲン ビトリゲル® PET樹脂、他 PET樹脂、他
包装形態 12個セット包装 個別ブリスター包装 個別ブリスター包装
滅菌

製品一覧

製品番号 製品名 保存温度 規格 包装 価格
08360-96 ad-MED ビトリゲルR
ad-MED Vitrigel (12 well)
冷蔵 細胞培養用 12個/set ¥42,000

・「法律」,「SDS」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
・試薬のご購入とご使用に際して

関連製品

s_TEER_top.png

ad-MED ビトリゲル®シリーズ専用の経上皮電気抵抗 (TEER) 測定用装置です。角膜上皮細胞、皮膚上皮細胞、神経細胞等、様々な細胞のバリア機能の評価にお使いいただけます。眼刺激性試験法「Vitrigel®-EIT法」については、こちらのページご参照ください。
経上皮電気抵抗 (TEER) 測定用装置

パンフレット

細胞培養用器材 ad-MED ビトリゲル® (3.2MB)

取扱説明書

細胞培養用器材 ad-MED ビトリゲル® (433KB)

参考文献

①竹澤俊明:生物工学会誌 91:214-217,2013
②Takezawa T et al.:Toxicol In Vitro. 25:1237-1241, 2011.
③Takezawa T et al.:Cell Transplant. 13:463-473, 2004.
④Yamaguchi H et al.:Toxicol Sci. 135:347-355, 2013.



試薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090