TOP > 製品情報 > ライフサイエンス > タンパク質研究 > バイオマーカー測定用試薬 > ウイルス関連抗体

ウイルス関連抗体

関東化学では、各種ウイルス関連抗体を取り扱っております。

製品一覧

抗HBc抗体(7B2)
製品番号 製品名 クローン アイソタイプ アプリケーション 包装
 -  抗HBc抗体(7B2)  モノクローナル Mouse IgG1 ELISA, WB, IC,
IHC, IP
100 μL
(0.5 mg/mL)

本製品はB型肺炎ウイルス(HBV)のコアタンパク質(HBc)を認識する抗体です。HBcはB型肺炎ウイルスのカプシドを構成するメインタンパク質であり、HBc陽性の細胞はB型肺炎ウイルスに感染していることを示す指標とされています。

【特徴】
 ◆ エピトープ:アミノ酸150-183付近(Arginine Rich Domain)
 ◆ HBVの複数の遺伝子型(A~D)のHBcを検出可能
 ◆ HBV感染細胞を検出可能

抗HBx抗体(39A10)
製品番号 製品名 クローン アイソタイプ アプリケーション 包装
 -  抗HBx抗体(39A10)  モノクローナル Mouse IgG1 ELISA, WB, IP 100 μL
(0.5 mg/mL)

本製品はB型肺炎ウイルス(HBV)のXタンパク質(HBx)を認識する抗体です。HBVの遺伝子の内、少なくともA-Dの遺伝子型由来のHBxと反応することを確認しています。

【特徴】
 ◆ エピトープ:アミノ酸53-73付近
 ◆ HBVの複数の遺伝子型(A~D)のHBcを検出可能

抗NTCP抗体
製品番号 製品名 クローン アイソタイプ アプリケーション 包装
 - 抗NTCP抗体(9A8)  モノクローナル Mouse IgG2b ELISA, FCM 100 μL
(0.5 mg/mL)

本製品はヒト肝細胞等に発現する膜トランスポータータンパク質であるN T C P(Na+/taurocholate cotransporting polympeptide)を認識する抗体です。

【特徴】
 ◆ エピトープ:アミノ酸306-349付近
 ◆ 免疫染色、フローサイトメトリーに適応可能

抗TSPyV-VP1抗体(12A7)
製品番号 製品名 クローン アイソタイプ アプリケーション 包装
 - 抗TSPyV-VP1抗体
(12A7)
 モノクローナル Mouse IgG2a

ELISA, IHC

100 μL
(0.5 mg/mL)

本製品はトリクロジスプラシア・スプヌローサ随伴ポリオーマウイルス(TSPyV)のVP1を認識する抗体です。

【特徴】
 ◆ エピトープ:アミノ酸252-372付近
 ◆ JCウイルスとはやや交差反応するが、メルケル細胞ポリオーマウイルスと反応しない

抗TSPyV-VP1抗体(14C12)
製品番号 製品名 クローン アイソタイプ アプリケーション 包装
 - 抗TSPyV-VP1抗体
(14C12)
 モノクローナル Mouse IgG1

ELISA, WB, IHC

100 μL
(0.5 mg/mL)

本製品はトリクロジスプラシア・スプヌローサ随伴ポリオーマウイルス(TSPyV)のVP1を認識する抗体です。

【特徴】
 ◆ エピトープ:アミノ酸252-372付近
 ◆ JCウイルス、メルケル細胞ポリオーマウイルスと反応しない

IHC : Immunohistochemistry(免疫組織染色法) IC : Immunocytochemistry(免疫細胞染色)
 IF : Immunofluorescence(免疫蛍光染色) IP : Immunoprecipitation(免疫沈降)
 FCM : Flow cytometry(フローサイトメトリー) WB : Western blotting(ウエスタンブロッティング法)

パンフレット

ウイルス関連抗体

参考文献

● 抗HBc抗体
1) Y. Yokoyama, T. Miyagi, H. Hikita, T. Yoshioka, K. Mukai, T. Nawa, R. Sakamori, K. Ohkawa, N. Hiramatsu, T. Takahashi, H. Suemizu, A. Ryo, T. Tatsumi, and T. Takehara,  “The Hepatitis B Virus Genotype Affects the Persistence of Viral Replication in Immunodeficient NOG Mice”, PLoS One, vol. 10, no. 12, p. e0144775, 2015.
2) K. Okuyama-Dobashi, H. Kasai, T. Tanaka, A. Yamashita, J. Yasumoto, W. Chen, T. Okamoto, S. Maekawa, K. Watashi, T. Wakita, A. Ryo, T. Suzuki, Y. Matsuura, N. Enomoto, and K. Moriishi, “Hepatitis B virus efficiently infects non-adherent hepatoma cells via human sodium taurocholate cotransporting polypeptide”, Sci. Rep.,  vol. 5, p. 17047, 2015.
3) T. Tanaka, K. Okuyama-Dobashi, S. Murakami, W. Chen, T. Okamoto, K. Ueda, T. Hosoya, Y. Matsuura, A. Ryo, Y. Tanaka, M. Hagiwara, and K. Moriishi, “Inhibitory effect of CDK9 inhibitor FIT-039 on hepatitis B virus propagation”, Antiviral Res., vol. 133, pp. 156–164, 2016.
● TSPyV-VP1抗体
4) T. Toptan, S. A. Yousem, J. Ho, Y. Matsushima, L. P. Stabile, M.-T. Fernández-Figueras, R. Bhargava, A. Ryo, P. S. Moore, and Y. Chang, “Survey for human polyomaviruses in cancer.,” JCI insight, vol. 1, no. 2, pp. 1–26, 2016.
5) H. Khatun, Y. Yamaoka, Y. Matsushima, S. Matsunaga, H. Kimura,J. Ho, M. Shuda, and A. Ryo, “Production and characterization of monoclonal antibodies specific for major capsid VP1 protein of trichodysplasia spinulosa‐associated polyomavirus”, Microbiol. immunol. (Online), Volume 62, Issue 12, 2018.
● 抗NTCP抗体
6) K. Miyakawa, S. Matsunaga, Y. Yamaoka, M. Dairaku, K. Fukano, H. Kimura, T. Chimuro, H. Nishitsuji, K. Watashi, K. Shimotohno, T. Wakita and A. Ryo, “Development of a cell-based assay to identify hepatitis B virus entry inhibitors targeting the sodium taurocholate cotransporting polypeptide”,  Oncotarget, Vol. 9, (No. 34), pp: 23681-23694, 2018.


ライフサイエンスに関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090