TOP > 製品情報 > 臨床検査薬 > 細菌検査試薬 > 腸管出血性大腸菌 > 腸管出血性大腸菌

腸管出血性大腸菌

r_CHROMagarSTECO15720150309.jpg
E.coli O157 / クロモアガーSTEC

腸管出血性大腸菌(EHEC)は、ヒトの重症感染症を引き起こす腸管病原性の毒素産生菌です。この菌による疾患は出血性の下痢(出血性大腸炎)を伴い、ひいては溶血性尿毒症(HUS)を引き起こす可能性があります。EHECの主な特徴は、ベロ毒素(VT)とも呼ばれる志賀毒素(ST)の産生にあります。感染症新法(平成11年施行)では三類感染症扱いの微生物であり、感染症の起因菌として扱われています。また、大量調理施設衛生管理マニュアル(食安発第0618005号)では、定期的な健康診断および1回以上/月の腸管出血性大腸菌(EHEC)検査を含めた糞便検査を受けることになりました。これまでのEHEC O157検査からEHEC検査へ移行するにあたり、多種類の培地(CT-SMAC、CT-RMAC、CT-SBMACなど)を併用して、EHEC検査をすることは大変煩雑な作業となっております。


「クロモアガーSTEC」は主要EHEC(O157O26O111等)を藤色に発色させます。一方、「クロモアガーO26・O157(SEL)」は、EHEC O157(赤色)、EHEC O26(緑色)、EHEC O111(赤紫色~紫色)、その他の大腸菌(紫色もしくは発育阻止)を特徴的に発色させ鑑別することができます。いずれの培地も、その他の腸内微生物は選択剤混合物により発育が抑制されます。一枚の平板で主要血清群を鑑別できることは、煩雑な本項目の検査の簡便化に大きく貢献できるものと考えております。なお、本培地シリーズでは各種選択力の異なるSS培地との分画培地を準備しております。


一方、もっとも分離頻度の高い血清型O157のみを目的菌とした「CT-SMAC寒天培地」、SS培地と分画にした「CT-SMAC(SEL)/SSエクストラ分画培地」、酵素基質を利用した「クロモアガーO157」、さらにサルモネラの硫化水素産生性を確認できるように改良した「クロモアガーO157 TAM」もご用意しております。


これら培地よりEHECを疑うコロニーが認められた場合、従来、大腸菌の分離、生化学的性状による同定、血清型別、VT産生性試験という手順で進められていました。これには多大な労力、費用そして時間を要しています。弊社では、EHECにおけるVT産生性がエンテロヘモリジン産生性と高い相関性をもつという報告に基づき、エンテロヘモリジン産生性を溶血現象によって効率よく検出できる「エンテロヘモリジン血液寒天培地」を準備し、簡易スクリーニング法をご提案しております。培養後の溶血性状からVT産生性試験を実施する手順が最も簡便・迅速であり経済的なスクリーニング方法であると考えています。本培地は1枚で多数の菌株を接種でき、分離培養された多くの大腸菌からEHECをスクリーニングする方法として非常に利用価値が高いものと考えています。



臨床検査薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1091