TOP > 製品情報 > 臨床検査薬 > 細菌検査試薬 > レジオネラ > レジオネラ

レジオネラ

Legionella pneumophila / GVPC

肺炎死亡者数は、総死亡数の約1割とされ、悪性新生物、心疾患、脳血管疾患に次ぐ状況です。重症市中肺炎症例の原因としては、肺炎桿菌とレジオネラが重要とされ、これらにおいては抗菌薬療法が異なる。特にレジオネラは特殊な栄養要求性を持つ微生物であり、血液寒天培地で微生物が確認されなくとも本菌の存在を否定できないことからレジオネラ専用の分離培地が必要です。


非選択培地として「レジオネラBCYEα寒天生培地」、選択分離培地としてISO11731に準拠した「レジオネラGVPC寒天生培地」、主要レジオネラ属菌種の色調鑑別が可能な「レジオネラMWY寒天生培地」を取り揃えております。
これら培地よりレジオネラを疑うコロニーが認められた場合、ラテックス凝集反応を利用したキット「レジオネララテックスキット」をご用意しております。
なお、共雑菌の前処理のために利用される「レジオネラ検査用酸処理液」もご用意しております。



臨床検査薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1091