TOP > 製品情報 > 臨床検査薬 > 細菌検査試薬 > 真菌 > マラセチア

マラセチア

r_MfurfurCHROMagarMalassezia20150312.jpg
M.furfur

マラセチアは、ヒトを含む恒温動物の皮膚に常在する酵母です。通常は皮膚の正常フローラの中の寄生菌として存在していますが、しばしば皮膚疾患を引き起こすことが言われています。マラセチアの大きな特徴は、脂質を要求することであり、この理由から脂質好性酵母とも呼ばれているほどです。


マラセチアはヒトの白癬、皮膚カンジダ症に次いで発生率の高い皮膚真菌症として知られる「癜風」の起因菌であり、またマラセチア毛包炎、マラセチア間擦疹、脂漏性皮膚炎やフケ症の発症に関与することが知られています。さらに、長期にわたる中心静脈栄養、とくに脂質を含む高栄養輸液を受けている易感染患者(新生児患者)で深在性真菌症を引き起こすことが明らかになっています。さらに、アトピー性皮膚炎の増悪因子としても注目されるにいたりました。
マラセチアは、発育に脂質を必要とするというユニークな栄養要求性をもち、本菌の培養には通常の培地(サブローブドウ糖寒天培地やポテトブドウ糖寒天培地)にオリーブ油を重層した培地を用いていました。しかしながら、オリーブ油重層では目的菌の単離が難しいため、弊社では脂質成分をエマルジョンとして培地中に含ませた「クロモアガーマラセチア/カンジダ」をご提案しております。平板培地となったことにより、テープ法にも応用可能となり、非常に分離しやすいとの報告を頂いております。


パンフレット

クロモアガーマラセチア/カンジダ

製品一覧

製品番号 製品名 保存温度 包装 価格
72047 クロモアガーマラセチア/カンジダ生培地
CHROMagarTM Malassezia/Candida (Prepared media)
冷蔵 10枚×2 ¥5,500

・「法律」,「SDS」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
・試薬のご購入とご使用に際して



臨床検査薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1091