TOP > 製品情報 > 臨床検査薬 > 細菌検査試薬 > 耐性菌 > バンコマイシン耐性腸球菌 VRE

バンコマイシン耐性腸球菌 VRE

r_CHROMagarVRE20150311.jpg
VRE / クロモアガーVRE

臨床から最も多く分離される腸球菌はEnterococcus faecalisですが、本菌種はABPC感性です。一方、E. faeciumE. aviumにはABPC耐性株が多く、vancomycin(VCM)が必要でした。しかしながら、近年ではVCM耐性のVRE(Vancomycin Resistant enterococci)が本邦においても認められ、有効な抗菌薬が限られることから問題となっております。


VREの感染源は糞便や尿であることが多く、糞便や尿からVREが繰り返し排出される状態が生じると、病院環境が広範囲に汚染され、医療関連感染の危険度が高まります。それを未然に防ぐにはVRE感染もしくは保菌を迅速に検出することであり、VREを含む排泄物による環境汚染を未然に防ぐことです。「クロモアガーVRE」はVREを特徴的に呈色(藤色)させる酵素基質培地です。VREを簡便かつ選択的にスクリーニングすることができます。


パンフレット

クロモアガーVRE

製品一覧

製品番号 製品名 保存温度 包装 価格
72076 クロモアガーVREスクリーン培地
CHROMagarTM VRE (Prepared media)
冷蔵 10枚 ¥3,000

・「法律」,「SDS」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
・試薬のご購入とご使用に際して



臨床検査薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1091