TOP > 製品情報 > 臨床検査薬 > 細菌検査試薬 > サルモネラ・赤痢菌 > サルモネラ(便検体)

サルモネラ(便検体)

r_STECSS20150313.JPG
E.coli O157 / STEC // Salmonella / SSV

ヒトにおけるSalmonellaの歴史は、急性胃腸炎からSalmonella Enteritidisが分離され、その腸炎の原因と指摘されたことが始まりです(1888)。本発見は単に食中毒菌としてSalmonellaを始めて分離したことだけでなく、いわゆる食中毒が細菌によって起こることを明らかにした医学史上不滅の業績といわれています。


病原微生物の中で、恐らくSalmonellaほど分離培地や分離方法について研究され、改良され、評価されてきたものはないと言われています。しかし、どの程度の選択性をもった分離培地を使用するかは検査の立場と検体によって異なります。弊社では、糞便を対象とした臨床微生物検査につきまして、選択性の異なる三種類のSS培地を準備しております。


選択性の温和な「SSエクストラ寒天培地」、少し選択性を上げた「SSエクストラⅡ寒天培地」、さらに選択性を上げた「SS V寒天培地」につきまして、「CT-SMACとの分画培地」、「クロモアガーSTECとの分画培地」を用意しておりますので、ご希望の選択力に合わせてご利用ください。


パンフレット

クロモアガーSTEC/SSエクストラⅡ分画培地
CT-SMAC/SS V寒天培地

製品一覧

製品番号 製品名 保存温度 包装 価格
72122 クロモアガーSTEC/SSエクストラII分画培地
CHROMagarTM STEC/SS EXTRA II Agar
冷蔵 10枚×10 ¥29,000
72121 クロモアガーSTEC/SSエクストラII分画培地
CHROMagarTM STEC/SS EXTRA II Agar
冷蔵 10枚 ¥3,000

・「法律」,「SDS」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
・試薬のご購入とご使用に際して



臨床検査薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1091