TOP > 製品情報 > 微生物検査 > 食品・環境分野 > 簡易培地 > シート培地「MC-Media Pad」

シート培地「MC-Media Pad」

調整の必要が無く、開封後直ぐに使用することのできるシート培地です。食品検査以外にも、ふき取り検査、スタンプ法による検査、飲料水のフィルター検査、落下菌検査など用途も広く、作業効率も格段に向上します。MC-Media Padは培地成分を含む水溶性高分子層に不織布が積層された乾式培地で、一般の寒天培地と同様に微生物を培養することが可能です。不織布を用いているため、試料液の拡散が迅速確実で、微生物の持つ酵素でコロニーを発色させる為、誰でも容易に検出・鑑別が可能です。

f_sanita.png

特徴

●培地調製が不要のため、開封後直ぐに使用できます。
●一般的な寒天培地の1/10の大きさの為、省スペースであり、廃棄物も大幅に軽減します。
●食品検査のみでなく、ふき取り検査、メンブランフィルター法、スタンプ法、エアーサンプリング法など広い用途に対応が可能です。
●食品衛生検査指針2004年収載、AOACの承認を取得しており、寒天培地との高い相関性も実証済みです。

製品一覧

製品名培養条件コロニー所見
一般生菌用(AOAC RI認証取得) 35℃
48時間
赤色のスポットとして検出されます。
大腸菌群用(AOAC RI認証取得) 35℃
24時間
青~青緑色のスポットとして検出されます。
大腸菌・大腸菌群用(AOAC RI認証取得) 35℃
24時間
大腸菌は藍色のスポットとして、大腸菌群は青~青緑色のスポットまたは藍色スポット(大腸菌)として検出されます。
一般生菌迅速タイプ(AOAC RI認証取得) 35℃
24時間
赤紫色に発色したスポットとして検出されます。
真菌用迅速タイプ (AOAC RI認証取得) 25℃
48時間
赤いスポット、またはカビ、酵母が産生する特有の色素を伴った赤いスポットとして検出されます。
黄色ブドウ球菌用 (AOAC RI認証取得) 35℃
24時間
黒いスポットの周りにうすい水色のハローが形成された発色コロニーとして検出されます。
サルモネラ用 35℃、24時間 サルモネラ(硫化水素産生型、非産生型)はα-ガラクトシダーゼ活性を指標し、鮮明な青色スポットとして検出されます。

 



微生物検査に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090