TOP > 製品情報 > 分析 > クロマトグラフィー用試薬・カラム > GCカラム > G-column (化学物質評価研究機構)

G-column (化学物質評価研究機構)

内径1.2 mmのパイレックスガラスカラムの内面に液相を化学結合させ、パックドカラムの使いやすさとキャピラリーカラムの分離性能を融合させたガスクロマトグラフィー用カラムです。

パンフレット

G-column(GC用カラム)(1.6MB)

特長

パックドカラム、キャピラリーカラムとの比較

●パックドカラムの理論段数は3000~5000段であるのに対して、G-column は20000段以上あります。
●キャピラリーカラムに比べて、カラム断面積が大きいため、大量の試料注入が可能です。

カラム比較

注入量

●10~20 mL/minのキャリヤーガスを流すことができるため、大量注入した試料は、スムーズにカラム内に導入されます。
●試料をダイレクトに全量注入できるのは、内径1.2 mmの G-column だからこそ可能なのです。

耐久性

●液相は均一に化学結合されているので、ブリーディングが少なく、熱にも安定です。
●過酷な条件下でも長時間初期性能を維持します。
●キャピラリーカラムに比較し液相量が多いため、試料に起因するカラムの汚染や劣化にも強いです。

カラム種類(液組成等)

カラム種類(液組成等)

カラムサイズ

 カラムサイズ

カラム選定のお問い合せ

パンフレットのG-column(GC用カラム)の11ページ~13ページをご確認していただき、「試薬に関するお問い合せ」フォームにてメール送信をお願いします。



試薬に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090