TOP > 製品情報 > 分析 > 簡易分析キット > 実験動物用測定キット(㈱森永生科学研究所) > 超高感度“PLUS”マウスインスリン測定キット

超高感度“PLUS”マウスインスリン測定キット

取扱説明書

超高感度“PLUS”マウスインスリン測定キット
プレート洗浄時の注意点

特長

  • 今までのキットではできなかった低インスリン検体の数値化に挑戦したハイエンドキットです。
  • 5μLの検体で測定できます。
  • 0.025~1.6 ng/mLのインスリンが測定できます。
  • 検体として動物の血清・血漿をご使用いただけます。
  • 反応時間(温度)は2時間+30分+40分(全反応常温)となっています。
  • マイクロプレートを使用したELISAサンドイッチ法を用いているため特別な施設・設備等を必要とせず、通常の実験室で測定が可能です。
i_mouseUSPpack201502.jpg

※ボトル及びラベルなどは予告なく変更することがあります。

標準曲線例

i_mouseUSPfig201502.gif

精度

同時再現性試験 C.V.=10%未満
日差再現性試験 C.V.=10%未満
ロット間差再現性試験 C.V.=10%未満

キット構成

 品名容量数量
A 抗体固相化プレート 96ウェル 1パック
B 凍結乾燥マウスインスリン標準品 2.56 ng 1本
C 標準品希釈液 3 mL 1本
D 検体希釈液 13 mL 1本
E 酵素標識抗インスリン抗体溶液 6 mL 1本
F 酵素基質溶液(TMB溶液) 13 mL 1本
G 反応停止液(1N硫酸) 13 mL 1本
H 20倍濃縮洗浄液(1000mL用) 50 mL 1本
プレート用フレーム 1個
プレート用ふた 1枚

必要な器具

マイクロピペット 5 μL~1000 μLの範囲が必要です。
メスシリンダー(1,000 mL) 洗浄液の調製に使用します。
ポリプロピレン製チューブ(1.5 mL) 標準曲線用インスリン溶液の調製および検体の希釈に使用します。
プレートリーダー 単波長の場合:450 nm
2波長の場合:主波長 450nm、副波長 610 ~ 650nmで測定できるものが必要です。

操作手順

1.測定準備 標準曲線用インスリン溶液、および検体を用意
2.一次反応 1)検体希釈液を45 μL/ウェルで分注
2)あらかじめ用意した標準曲線用インスリン溶液または検体を5 μL/ウェルで添加
3)常温で2時間静置して反応
3.洗浄 180 μL/ウェルの洗浄液で7回洗浄
4.二次反応 1)酵素標識抗インスリン抗体溶液を50 μL/ウェルで分注
2)常温で30分静置して反応
5.洗浄 180 μL/ウェルの洗浄液で7回洗浄
6.酵素反応 1)酵素基質溶液を50 μL/ウェルで分注
2)遮光下常温で40分間静置して反応
7.反応停止 反応停止液を50 μL/ウェルで添加
8.吸光度測定 プレートリーダーで各ウェルの吸光度を測定
※吸光度は、反応停止後30分以内に測定してください。
9.濃度算出 得られた吸光度より検体中のマウスインスリン濃度を算出

※本キットで使用しているハーフプレートは、通常よく使用されるマイクロプレートと比べると、洗浄操作時にウェル内に液が残り易い構造となっています。
プレート洗浄時の注意点をご参照のうえ、注意深く洗浄操作を行って下さい。

製品一覧

製品番号 製品名 保存温度 包装 価格
49170-53 マウスインスリン測定キット(超高感度PLUS)
Ultra sensitive "PLUS" Mouse Insulin ELISA kit
冷蔵 1kit ¥96,000

・「法律」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
・試薬のご購入とご使用に際して

パンフレット

実験動物用・小動物研究用測定キットシリーズ



分析に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090