TOP > 製品情報 > 有機合成・素材研究 > 触媒 > 酸化 > 脱水素化イリジウム触媒

脱水素化イリジウム触媒

関東化学では、京都大学の山口良平名誉教授、藤田健一教授らによって開発されたアニオン性イリジウム錯体触媒(Cp*Ir catalyst 1)を販売しております。
本触媒は、水素を生成する過程で起こる脱水素化反応において高い働きを示し、従来よりも穏やかな条件下で効率的にメタノール水溶液から水素をつくりだすことができます。

パンフレット

脱水素化イリジウム触媒(5.31MB)

特長

  • 穏和な反応条件
    ・従来よりも希薄な塩基濃度
    ・余分な有機溶媒が不要
    ・還流温度(88℃)
     
  • 高い触媒活性
     
  • 水溶媒中で安定

製品一覧

製品番号 製品名 保存温度 規格 包装 価格
37421-95 ナトリウム(2,2′-ビピリジン-6,6′-ジオナト)(ペンタメチルシクロペンタジエニル)ヒドロキソイリダート(III)
Sodium(2,2′-bipyridine-6,6′-dionato)(pentamethylcyclopentadienyl)hydroxoiridate(III)
冷蔵 Organics 500mg ¥30,000
37421-68 ナトリウム(2,2′-ビピリジン-6,6′-ジオナト)(ペンタメチルシクロペンタジエニル)ヒドロキソイリダート(III)
Sodium(2,2′-bipyridine-6,6′-dionato)(pentamethylcyclopentadienyl)hydroxoiridate(III)
冷蔵 Organics 100mg ¥11,000

・「法律」,「SDS」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
試薬のご購入とご使用に際して



有機合成・素材研究に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090