TOP > 製品情報 > 有機合成・素材研究 > 有機合成 > 保護/脱保護/誘導化 > 保護誘導体化試薬

保護誘導体化試薬

有機合成において、保護試薬を有効に利用することは非常に重要です。保護基化合物には保護する官能基並びに求める反応により下記の特性が求められ、最適な保護基化合物を選択する必要があります。

  • 保護したい官能基と選択的に反応し、高収率で保護基が導入できること
  • 求める反応に対して、保護部分が不活性である誘導体を得られること
  • 特定の条件下で脱保護が可能であること

関東化学では、種々な保護誘導体化試薬を販売しておりますので、ぜひご研究にお役立てください。

パンフレット

保護誘導体化試薬(5.71MB)

製品一覧

製品詳細は下記パンフレットをご覧ください。

試薬のご購入とご使用に際して



有機合成・素材研究に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090