TOP > 製品情報 > 有機合成・素材研究 > 触媒 > クロスカップリング > ホスホニウムボレート誘導体

ホスホニウムボレート誘導体

有機合成分野において非常に有用な手法であるSuzuki Coupling、Sonogashira Coupling、Heck Reaction、Hartwig-Buchwald Couplingなどの反応は、トリアルキルホスフィンを配位子とするパラジウム錯体を触媒として、反応を行います。しかし、トリアルキルホスフィンは空気中で酸化しやすく、取扱いが非常に困難でした。
関東化学では、トリアルキルホスフィンと同様の性質を持ち、空気中で非常に安定なホスホニウムボレート誘導体を販売しております。

パンフレット

ホスホニウムボレート誘導体(304KB)

製品一覧

製品番号 製品名 規格 包装 価格
41129-45 テトラフェニルほう酸ジ-tert-ブチルメチルホスホニウム
Di-tert-butylmethylphosphonium tetraphenylborate
Organics 10g ¥18,000
41128-45 テトラフェニルほう酸トリ-tert-ブチルホスホニウム
Tri-tert-butylphosphonium tetraphenylborate
Organics 10g ¥26,000

・「法律」,「SDS」,「在庫」など詳細情報は、製品番号をクリックいただきご確認いただけます。
試薬のご購入とご使用に際して



有機合成・素材研究に関する
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールフォーム

お電話でのお問い合わせ

03-6214-1090